高額療養費の返金制度について

健康保険に加入していると大きな怪我や病気などで高額な医療費を支払った際に、その一部を返金してくれる制度があるという事を最近知りました。

では、一体いくらぐらい支払ったらその恩恵に授かれるのかという事で、ざっと以下の表にまとめてみました。

 

(平成27年1月診療分から)

 標準報酬月額26万円以下の方28万~50万円の方
医療費病院支払額
(三割負担時)
返金額返金額
150,00045,000-12,600-33,930
160,00048,000-9,600-31,030
170,00051,000-6,600-28,130
180,00054,000-3,600-25,230
190,00057,000-600-22,330
191,00057,300-300-22,040
192,00057,6000-21,750
193,00057,900300-21,460
194,00058,200600-21,170
200,00060,0002,400-19,430
210,00063,0005,400-16,530
220,00066,0008,400-13,630
230,00069,00011,400-10,730
240,00072,00014,400-7,830
250,00075,00017,400-4,930
260,00078,00020,400-2,030
261,00078,30020,700-1,740
262,00078,60021,000-1,450
263,00078,90021,300-1,160
264,00079,20021,600-870
265,00079,50021,900-580
266,00079,80022,200-290
267,00080,10022,5000
268,00080,40022,800290
269,00080,70023,100580
270,00081,00023,400870
1,000,000300,000242,400212,570
2,000,000600,000542,400502,570
3,000,000900,000842,400792,570
4,000,0001,200,0001,142,4001,082,570
5,000,0001,500,0001,442,4001,372,570

 

要するに標準報酬月額が26万円以下の方の場合は、1ヵ月間で57,600円以上を病院に支払った後、返金申請を行えば手元にお金が返ってくる事になります。

同様に、標準報酬月額が28万円~50万円の方は、80,100円以上で返金されます。

医療費が掛かりすぎたと思ったら一度、より詳しく記載されている全国健康保険教会や組合健保のHP等を確認してみると良いでしょう。

 

2015/5/12 追記:

高額療養費は「保険診療」対象の為、歯列矯正などに掛かる保険診療外の治療に対しては還付対象外となります。

 

以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加